もみのころぐ

テーブルレイアウトしか知らんババアが、慣れないツールいじって脳みそのリハビリをする美貌…おっと備忘録。

日々雑記

街角で見つける大久保利通さあ

投稿日:2017年12月23日 更新日:

相変わらずホーガン贔屓のババアである。ホーガンって誰? ハルク・ホーガンじゃねえよ。

 

↑ある日の金生町バス停前。

おお、これは微妙にフロックコートを翻した大久保ホーガンさあがいるではないか。確か去年のこの看板は、画像を拡大したためにJPGの劣化が起こったみたいな画像の荒れ方してて、残念な壁だった記憶が…。

 

↑ある日の駅前ダイエー(し、しもた、また言うてしもた)もとい、駅前イオンの巨大広告。

ここにも大久保ホーガンさあが。さすが薩摩酒造殿。よかよか。黒白波を買おうではないか。

最後に健康坊や付きの国保連合会。
広島県の「がん検診へ行こうよ」推進協議会のデーモン閣下には負ける><。

-日々雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

磯海水浴場で人生の金字塔を打ち立てる

同窓会に行ったことがない。 正確には、この夏、初めて同窓会に参加したのだが、出席者として参加したわけではなく、余興の芸人として踊り逃げしただけである。その際、ご列席の偉い人からおひねりを頂戴し、お財布 …

勝手に始める大久保利通さあ推しプロジェクト

薩摩藩では来年の大河ドラマ「西郷どん」に向け、どこもかしこも西郷推しである。しかしながら耄碌ババアは判官贔屓なのだ。人気一番手に与するような安全牌的思考でどうする! クソ面白くもなんともないではないか …

書いてる耄碌ババア:もみのこ
日刊デジタルクリエイターズ
「歌う田舎者」
@ITエンジニアライフ
「デスマーチで嫁(い)き遅れました」